ズッキーニケーキとレモンドリズルケーキ

***********************************************

Cookie Artist のHirai Risaです。COOKIE ART PARTYとして、見て楽しい、食べて美味しいアートなお菓子を作っています♪

毎月第一日曜日の大船での工房販売、不定期でレッスン、イベント、展示販売、オーダー制作など、店舗を持たずに活動しています。

☆4月のイベント☆ 4月1日(日) ”4月の工房販売(拡大ver)” (大船) 終了しました
4月1日(日)〜8日(日) ”黒猫展&おいしいマルシェ 「春のうたたね」” (鎌倉 佐助Room114)終了しました
4月19日(木)  ”小さなお茶会〜英国風お菓子とヴィンテージ雑貨” (鎌倉 ブンブン紅茶店)
4月21日(土)、22日(日) ”第4回すみれ絵展(望月麻里さん個展)”(北鎌倉 浄智寺 谷戸 宝庵)

************************************************

昨日まで開催されていた”黒猫展&美味しいマルシェ”おかげさまで無事に終了いたしました!

いろいろな作家さんの作品とご一緒でき、新たな出会いもありとても楽しく参加させていただきました。

お越しいただいた皆様、クッキーをお手に取ってくださった皆様ありがとうございます♪食べられない…!というお声が多かったようで、ありがたい気持ちもありつつ、もっとみなさんにアイシングクッキーを気軽に召し上がっていただきたいな〜とも思いました。

確かに食べにくいデザインのものもありますよね😅慣れてくるとみなさん召上るようになるのですが。笑

ご一緒させていただいた作家さん、そして主催のチー坊ノワール、倉田様、お誘いいただきありがとうございました。大変お世話になりましたm(_ _)m

また参加できると嬉しいな〜と思います💓

さてさて、今月はブンブンさんの”小さなお茶会”、そして”すみれ絵展”とイベントが続いてまいります。

それぞれ会場に合わせたお菓子を持っていきますので全部来ていただいても楽しめますよ。笑

お菓子の方も1日の工房販売が終わってから、早速次回に向けての試作をしてます😊

1つ目はズッキーニケーキ。

え、?!ケーキにズッキーニ??と驚かれることもありますが、主にアメリカでは定番のケーキなんです!

ズッキーニブレッドと呼ばれることが多いみたいですが材料的には完全にケーキですね。イギリスのお菓子もよくこういったパウンド型のお菓子をケーキと言ったりブレッドと言ったりローフと言ったり、、定義がいまいちわかりません😅

すりおろしたズッキーニがたっっぷりと入っております。
キャロットケーキのズッキーニバージョンとイメージしていただいて良いかも。

ズッキーニの味は感じず、ジューシーなしっとり食感が楽しめるケーキです!
今回はメープルシロップとメープルシュガーを使ってコクを出して、ローストしたくるみもいいアクセントになっています。

スパイスはシナモンのみにしてみました。キャロットケーキの時はブラウンシュガーを使って、スパイスはナツメグ、コリアンダー、オールスパイス、ジンジャーなどなどのミックススパイスを入れていますが、なんとなくメープルの風味にはシナモンのみでシンプルに合わせた方がいいかな〜?と思って。

こちらは小さめの木の型で焼いたタイプ。

2回目の試作の時(1個目の写真)間違えてズッキーニをたくさん入れすぎてしまい、かなーりみっちりと詰まった感じになってしまいました💦もう少し生地感のある断面にしたいと思います。

大まかには良かったので分量調整して、こちら5月の工房販売には美味しく仕上げたい!と思っています。

こういったお菓子は焼きが難しい〜〜。

バターを使わず植物油で作るので柔らかな食感です♪

ちなみにイギリスではズッキーニ(英語)ではなくコジェットcourgette(フランス語)で呼ばれるそうです。フランスとは何かとばちばちしてるイメージがあったので(個人的見解です)意外ですね〜。

そんなイギリスらしいケーキも作っています↓

レモンの皮、果汁がたっぷり入るレモンドリズルケーキです。

焼きあがったケーキに竹串などでプチプチと穴を開け、レモンのシロップをかけます。

シロップを雨のようにしとしととかかることからドリズル(=Drizzle)と言われるようです。
フランス風にいえばウィークエンドシトロンでしょうか。作り方は少し違えどヨーロッパのいろいろな国、アメリカなど同じようなレモンのケーキはありますね。

フランス菓子になるとシュッとして、レモンのアイシングもパリッとシャキッと綺麗にかかっているイメージですが、こちらホームメイド感のあるぽってりアイシングがかかっています。

形も丸型、パウンド型、角型、マフィン型といろんなタイプで展開されます。

こちらは気軽なマフィン型タイプ!

どんな形がいいかと悩むところですが、何れにしてもどこを食べても生地とアイシング部分が口に入るようにしたいな〜。酸っぱくて甘いアイシングと生地の相性が良いので一緒に食べる方がさらに美味しく感じる気がします。

アイシングのとろりと垂れている感じも好きなので、四角い形が有力候補です♪

こちらは5月の工房販売、そして4月19日の”小さなお茶会”に早速持っていきたいと思っています!

その他目新しいお菓子も持っていきたいと思っていますのでよろしくお願いします〜♪

Cookie artist 平井理紗