イギリス旅行記④ “Ryeのティールームでカスタードの湖と対面”

日帰り小旅行、Ryeの街散策その2です。

前回までの記事はこちらからご覧ください♪

旅行記①
旅行記②

旅行記③

Ryeの街で出会ったお菓子たちです。

なんとなく立ち寄ったこちらのお店はデリと書かれていましたが、店内はお惣菜のほか、スイーツ類、お土産などなど品揃えが豊富でした。

店内の焼き菓子たち。 

田舎だから?余計にビッグサイズ、ざっくりした仕上がりが多い印象です。

手のひらくらいの大きさのエクルズケーキ!

 

ミリオネアショートブレッドもハガキより一回り小さいくらいの大きさ!

平べったいタイプで底のクッキー生地はショートブレッドというよりダイジェスティブビスケットの感じ、キャラメルは極めてうすーく挟まれていました。

味的にはチョコダイジェスティブという感じです。

お菓子やさんのショーウィンドウ、スーパーでもミリオネアショートブレッドを置いているところが多かったです!
かなり市民権を得ているお菓子なんですね〜。

こちらは別のお店。
綺麗な仕上がりのお菓子が多いです。

このミンスパイ美味しそうだな〜とあとから写真を見ていて思いました。笑

 

旅行のときよくある、その時はまあ、買わなくてもいいかな〜と思って通り過ぎて、あとからやっぱり買っておけばよかった…と思うこと。
そのときは気分じゃなかったり、お腹が空いていなかったりでスルーしてしまうんですね。
でも大抵あとでやっぱり試せばよかった!と思います。

こちらもお菓子もそんな中の一つかな。
お土産なんかも量が難しいですよね。大抵帰国してからあれ?足りてない?となります😅前回のアンティークの話ではないですが、気になったらとりあえず試す。これ大事。

でも今回のお目当てのお店にはちゃんと到着することができました!


COBBLES TEA ROOM

住所:1 Hylands Yard, Off The Mint, Rye TN31 7EP

営業時間:9:00~17:00
定休日:水


雑誌などで見てから素敵だな〜行ってみたいな〜と思って、こちらのお店に行きたいからRye観光を無理やり入れたのです。

お店までのアプローチも雰囲気あります♪写真で見た時はユニオンジャックの旗がかけられていて素敵だったのですが今回はありませんでした〜。ちょっと残念。

お店は通りを少し入ったところにありました。わかるかな〜と不安だったのですが表に看板も出ていたし、迷わず到着できてよかった☺️

ドキドキ〜しながら店内へ

 

店内には1組のお客様のみで空いていました。

私は完全にスイーツ目的できましたが、ご飯もののメニューも豊富でしたよ〜

店内にはご夫婦が1組、この後ご老人が1人でケーキを食べにきていて微笑ましかったです。

ケーキとお茶が生活の中の身近なところにあるのだなと再確認。

優しくて笑顔が素敵な店員さんに注文をお願いして、少しすると先に紅茶が運ばれてきました。

2人分入っているポットはなんとも巨大なサイズ。

こちらカップも一般的なサイズより大きいのでかなりたっぷりの量です。
全てが大きいので大きさの比率がわかりにくいですね😅

 

そしてやってきました〜

Sponge pudding with custard

 

温かいスポンジプディングにたっぷりのカスタードソースです。
むしろカスタードにスポンジプディングを添えましたという感じ。

これが三越英国展の時ステイシーさんがおっしゃていた”カスタードつゆだく”か〜と、、

もうつゆだくを通り越えて湖のようになっています。器も形状でいうとラーメン丼ぶりのような形です。(さすがにラーメン丼よりは小さいです)

奥のサンドイッチのボリュームもなかなかのもの。セットのかぼちゃのスープはスープストックの一番大きいやつくらい?かなりポテッとしたかぼちゃのポタージュでした。

自分が作る時、もう少し伸ばすだろうなという濃度です。

注文する段階でこれはやばいのがきそうだな〜アップルパイとかの方が食べやすいかな、とも思ったのですがせっかくなので普段なかなかいただけない現地のメニューを!と思いこちらにしてみました。

生地はふんわりとしていて美味しかったです♪上(底)部分はおそらくゴールデンシロップがこれでもかか〜!というくらい甘いです。

モンクレのプディングは上がマーマレードだったから苦味と合わさって良いバランスだったのだな〜と再確認しながらいただきました。

一番テンションが上がったのはものが到着した時。そこをピークにあとは濃厚プディングとの戦い。 笑

カスタードは甘みはほぼなく(あったのかもしれませんがプディング比として)ぽってりと濃厚なとろみがありました。

冬に温かいプディング、冷えた体がぽっかぽかに温まります♪

店内入ってすぐのケーキもとても魅力的で、余裕があったら…なんて思っていたのですが全くなかったです。涙

店内メニューもスティッキートフィープディング、アップルパイなどなど、それぞれクリームかカスタードか添えられるようで、あとクリームティーもあり、気になるものがたくさんだったのですが〜これはもう何人かでいかないと厳しそうです!

鉄の胃袋が欲しいとなんども思う旅行中なのでした。

ですが味わってみたかったつゆだくカスタードが体験できてよかったです。イギリスの甘さの洗礼を受けた1日でした。

続く。

Cookie artist 平井理紗

instagram:http://instagram.com/cookieartparty

twitter:https://twitter.com/cookieartparty

facebook:http://www.facebook.com/cookieartparty