イギリス旅行記⑤ “Richmondでガーデンショップのティールームと名物お菓子”

さて、年末年始もあり少し間が空いてしまいましたがイギリス旅行記の続きです♪

これまでの記事

旅行記①
旅行記②

旅行記③
旅行記④

滞在もあっという間に折り返し、早いです〜💦

この日の予定は土曜日だったのでマーケットやらあれこれ行きたところをめぐる、散財系。

まず最初に向かったのは、Petersham Nurseries(ピーターシャム・ナーサリーズ)というセレブ御用達のガーデンショップです。(種や苗から育てるガーデン・センターを「ナーサリー」と言うそうです。)

花や植物を眺めるのは好きですが育てるのはまるでダメな私(サボテンも多肉植物も枯らした経験あり。)
がなぜこちらに向かったかというと、ガーデンショップ併設のおしゃれなティーハウスとレストランがあるということ!花より団子です〜

Petersham Nurseriesがあるのはロンドンの西の方、リッチモンドのエリアです。
この辺りは高級住宅街のようで、上品な、治安の良さそうな街並みが並んでいました!

勝手に住むならこの辺りが安全か?などと妄想しておりました。

今回はGooleの経路に従ってピカデリーラインでSouth Ealing 駅まで行き、そこからバスで向かうことに。

後ほどいろいろな記事を読んでいるとどうやらリッチモンド駅からバスで向かう行き方がメジャーなようです。

ただ、今回の旅で使っているトラベルカードのカバーしている範囲はzone1~2、それ以外はオイスターカードで乗る必要があるのです。(リッチモンドはzone4)

それに対してバスは制限なし、どこでもOK!

ロンドンはバスの路線もたくさんあるのでだいたい主要な観光地は巡れます。
今回はSouth Ealing(サウスイーリング)駅(zone3)から行ったのですが、zone2のハマースミス駅で下車してバスで向かった方が安上がり!…と気づいたのはしばらく後のことでした。

帰りは↑のルートで帰ってみました。

バスの良いところは景色も楽しめるところですよね〜。

目的地以外の場所も楽しめますし、何か気になるものがあったら途中下車もできるのでその点は地下鉄より楽しめます。
あとは何より2階建バスに乗っているとロンドンきたぞ〜!とテンションが上がります。

South Ealing駅からN65という系統のバスに揺られることおよそ20分。

Petersham Nurseriesの最寄のバス停、The Dysartに到着しました。

ここから細い小道を通って向かいます。

途中、本当にこの先にあるの?という細道を通って、(後から確認したらもう少し広い道もありました。)

お店の手前の道は舗装がないので乾いていれば問題ないですが、昨日からの雨の影響でかなりぬかるんでいて歩きにくいのと、車でくる方も多いので水たまりに注意が必要💦

こと時ばかりはトレッキング用の靴でくればよかったかな〜と感じながら進んで行くと、

到着しました〜

朝なのにお客さんも結構続々ときていました。

休日の昼間とかは混雑しそうな感じですね。

やはりクリスマス前ということでもみの木やリース、飾りなどが売られていました。
ツリーがやるせなくもたれている感じ、なんだか哀愁があります。

巨大なリース!

1m弱あるのでは?というくらいの大きさでした。

飾りも天然の素材でできていておしゃれです。

当たり前ですがリースやツリーも天然の木。フェイクの物は街でも見かけることがなかったのでこれが本場の文化か〜と感心しておりました。

ドイツなんかはクリスマスツリーを毎年クリスマスが終わると道端に捨てて、それを回収する業者がいると読んだことがあるのですがイギリスのツリー事情はどうなっているのでしょう??さてはて。

敷地内にはいくつかのビニールハウスがあり、中にはおしゃれなディスプレイ!

ガーデンショップということで関連の用品や、

種や苗もたくさん売られていました。

それにしてもこの種とってもおしゃれですね〜。贈り物にも良いです。

店内はどこを切り抜いても絵になります。
時期柄やはりクリスマス関連のディスプレイが多いです。

園芸用品以外にも、テーブルセッティングやインテリア用品なども豊富に取り揃えられておりました。

日本でも最近見かける飾り。北欧?でしたっけ?曖昧な記憶。

こちらはマッチ

おしゃれさんなマッチ。キャンドルと一緒に売られていました。
こちらの方は身近なんですかね?いいな〜と思ったのですが私は使う習慣がないのです😅

敷地内を奥の方に進んでいくとおめあてのtea houseがありました。

小さな可愛らしい小屋のような作り。

扉を開けるとテーブルの上には美味しそうなケーキやスコーンがズラ〜り👀✨

ブログや雑誌で見た光景〜💓

ふっくらとしたスコーン!

魅力的なお菓子たち!!良いですね〜〜。

ちなみにそのあと調べていると時間帯によってはもっと種類があるようです。(この倍くらい?)

キッシュやパン系などはもう少し後から焼きあがるようなので今度はもう少し昼時を狙いたい。

ケーキは注文するとお皿に乗せてラフにはいっという具合に渡してくれました。

紅茶はポットを渡されて、カップ、ソーサー、お砂糖などはセルフでとるシステム。
席もたくさんあるので自分たちで好きな場所をチョイスして座ります。

特に早い時間だったのもあり他にお客さんはいませんでした。その後ポツポツと増えてきました。

どのテーブルにも緑が配置されていて、この場所ならではの雰囲気が楽しめます。

トレーが大きいので2人分余裕で乗っかりました^^

これも例によって大きさの比率がわかりにくいですが、ケーキは目測直径21~23cmくらい?かな〜と思います。

アイシングがかかったレモンポピーシード。

キャロットケーキ。しっかりとしたボリュームがあります!

その他この日あったのはスコーン、オレンジとアーモンドのケーキ(多分グルテンフリー)全粒粉とりんごのケーキ、チョコレートケーキ、など全部で8種類くらいだったかな。

どれも本当に魅力的だったので迷いに迷ったのですが、ここは初志貫徹!でキャロットケーキをチョイスしてみました。(でも今でもwholewheat apple cakeに後ろ髪を引かれています)

先日のプディングの洗礼もあったのでこのボリュームに覚悟して挑みましたが、こちらは甘すぎることなくとっても食べやすい味でした。

食感もふんわりとしていて(ふわふわすぎではない)ローストしたくるみの香ばしさも美味しかったです。

具は人参とくるみのみのシンプルなタイプで、スパイスはやや控えめ。どし〜っ!!と濃厚なモノを想像していたので本当に良い意味で期待を裏切られました^^

表面に塗られたアイシングもクリームチーズと書いてあったかと思いますが多分バターの配合が多い感じでした。ふんわりと空気を含んだ軽い食感で、チーズの酸味はほのかに感じる程度でした。

アキちゃんの食べたレモンポピーシードもとても美味しくて、こちらは生地がぎゅっとしているのに口どけがよく重すぎない絶妙なバランスでした。

なんとも不思議な食感。どうしてこんな感じに仕上がるのでしょうか??

レモンポピーシードは定番の組み合わせではありますが実は作ったことがないのでそのうち実践してみたいと思います!

…が、まずはキャロットケーキをブラッシュアップしたいなと思いました。

今自分で作っているものも気に入っていますが、もう少しいじってみようかな〜と思う美味しさだったので💓

居心地もよく、他のケーキも絶対美味しいと思ったのでこちらはまた次回も行きたいな〜と思います。


Petersham nurseries

住所:Church Lane, Off, Petersham Rd, Richmond TW10 7AB イギリス

HP:https://petershamnurseries.com/

営業時間:月〜土9:00~17:00/日 11:00~17:00
(※レストランの方の営業時間はもう少し遅いようです!)


さて、こちらの方までわざわざ足を伸ばしののはもう一軒行きたいところがあったのです。

リッチモンドといえばキューガーデン?、キューガーデンといえばnewens!!

newensといえばMaids of Honor(メイズオブオナー)
…という私の中の勝手な基準。

ヘンリー8世の愛したお菓子ということで有名な(イギリス菓子好きの間で?)お菓子です。

なんでもヘンリー8世は王妃様付きの女官(=maids of honor)が作ったこちらのお菓子を大変気に入って、レシピを門外不出として、作った女官も幽閉されて一生お菓子を作ったのだとか。
(※諸説あり)

何れにせよそんな美味しいお菓子のオリジナルが味わえるお店ということで訪問して来ました!

外観は残念ながら工事中。

ユニオンジャックの側がはためく趣ある外観でした。

店内も洗練された、というよりは昔ながらのちょっと田舎っぽいティールームといった印象。

キューガーデンも近く、もちろん有名なお店ということもあり、店内はたくさんのお客さんで賑わっていました。

店内も結構席がありましたがほぼ満席だったかな?

ショーケースの方もお持ち帰りのお菓子を買う人の列ができていました。

お菓子のショーケースにはちょっとレトロな雰囲気のお菓子がズラリ。

日本のケーキの1.5倍くらいの大きさを想像していただけたら良いかも。ドレインチェリーが可愛らしい^^

クリスマスプディングも可愛くラッピングされていました🎄さすがに重くて持ち帰れないですが。

ケーキのほか、キッシュなどのセイボリー系も充実していましたよ。

看板商品のメイズオブオナーはお上品に陳列されていました。

1段下はミンスパイです。

お店の前に止まっていた可愛い車。

これで運んでいるの?それとも飾り??
パシャパシャと写真をとっていたら通りすがりの紳士が写真をとってくれました。なんともほっこり。

この日は他にも行きたいところがたくさんあったのでささっと目当てのお菓子を購入してお店を後にしました。
ここまで来てキューガーデンもみていないという…^^;

こちらが噂のMaids of honor
サクサクのパイ生地にチーズのはいったカスタードのようなフィリングが入っています。

生地がとってもサクサクと美味しかったのできっと他のパイも美味しいのでしょう。
今度はキッシュなども味わってみたいです。


Newens

住所: 288 Kew Rd, Richmond TW9 3DU イギリス
HP:https://theoriginalmaidsofhonour.co.uk/

営業時間:月〜金:9:00~18:00/土日:8:30~18:00


↑HPに綺麗な写真でお菓子がいろいろ詳細されていました。イギリス国内ならオンラインで購入できるようです。羨ましい〜。メイズオブオナーはもちろんですが多分他のお菓子も美味しい匂いがプンプンしています!

それにしても毎回、次回はここも…という場所やものがどんどんと増えいる気がします。
行ったことないところはもちろん、今回行った場所でも次回はこっちを試してみたい、こっちもみてみたい、、とキリがなくなっています。笑

お菓子も季節のものがたくさんあるのでその時期にいかないと出会えなかったり、、でも限られた日程では網羅するのが難しい〜

長期だったら来週はここへ、、とスパンを開けられるのですが😅

いつか長期滞在したいな〜と思いをますます強めながらそれにはまず英語問題を解決しなければ…という高い壁が立ちはだかっております。

この日はアキちゃんとしばらく別行動。教会好きの彼女はロンドン市内の教会巡り、私はnottinghillを中心にマーケットと行きたいお店巡りとなりました。

次回はnottinghillのポートベローマーケットや、ロンドンで1番好きな店biscuitters、昨年の英国展でも大人気だったpeggy porschen、製菓道具のお店など〜

字面を見るだけで散財の予感がしますね。

それではまた!

Cookie artist 平井理紗

instagram:http://instagram.com/cookieartparty

twitter:https://twitter.com/cookieartparty

facebook:http://www.facebook.com/cookieartparty