今度の工房販売〜キャロットケーキ〜

こんにちは。

だんだんと暖かい日が多くなってきましたね〜。

でも日中は暖かいから、とちょっと油断して薄手のコートで出かけたら朝晩は寒かったり、まだまだ油断はできませんが、、

やっぱり春が近づいているのはワクワクしてきます♪

あっと言う間に3月の工房販売が日曜日に迫ってまいりました。

今月は超定番!なイギリス菓子をメインに登場予定です。

定番ケーキその①キャロットケーキ。

どちらもイギリスのティールームには必ずと言っていいほどある定番商品。
そしてどちらももちろん紅茶にぴったりのケーキです。

キャロットケーキはたっぷりの人参、ブラウンシュガー、くるみ、植物油、スパイス入り。

そしてケーキの上にはおきまりのクリームチーズフロスティングです。ローストしたくるみが乗っているのもとても定番スタイル♪

作り方は他のイギリス菓子と同じくとてもシンプルです。材料を順番にぐるぐると混ぜればOK。

2枚の薄めの生地を焼いたらクリームをサンドしてあっという間に完成です!


真ん中にサンドしないで深めのケーキ型で焼くタイプも多いですね。
後者の方が真ん中がよりしっとりと仕上がるかな?と思いますが今使っているオーブンのくせ的に薄めで焼いた方が美味しく焼けるのでこのスタイルにしています。

イギリスでよく見かけるこのスタイル。
焼き上がりも早いので時短にもなりますよ^^そして冷めるのも早いから早く食べられる。笑

なんとなく春になるとキャロットケーキを作りたく(食べたく)なるのか、そういえば昨年も3〜4月の工房販売でキャロットケーキが登場しておりました。

2018年verのキャロットケーキはこんな感じでした。クリームチーズフロスティングのお花の乗ってより春らしく、可愛らしい感じでした🌸

今年は12月にイギリスで食べたキャロットケーキがとっても美味しかったのでそれをお手本にレシピを調整しました。

Petersham Nurseriesのキャロットケーキ。

自分の走り書きメモによると、、
直径20~23cmくらい?ふんわりしっとり系、クリームチーズフロスティングはチーズの酸味が少なめで空気を含んでふわふわ系、スパイス弱め、人参とくるみという感じでした。

お砂糖はブラウンシュガーでしょう。
クリームがたっぷりに見えますが軽めなのでペロリといけちゃいました😊

今回は2段タイプの予定なのでトップのクリームはもう少し薄めですがトータル的には同じくらいの量かなと思います。このあいだの試作の時は少しチーズ感が強かったのでもう少しマイルドに(バター増えるのでむしろこってり?)仕上げようかと思っています♪

私はスコーン以外で”イギリス菓子”と初めて意識して食べたのがキャロットケーキでした。
これがきっかけでイギリス菓子沼にはまってしまった罪深いケーキ…

いわゆるお野菜系のお菓子には興味がなかったので、半信半疑で食べてみたところ、とっても美味しくてあっという間に大好きなケーキとなり、キャロットケーキがメニューにある時はつい頼んでしまうようになりました。

野菜のケーキというジャンルではなくて、ちゃんとケーキとしてとっても美味しいのです🐰

なので食べたことがない方にもぜひ試していただきたいな〜と思っています。

2019年verはPetersham Nurseriesにならって、昨年よりスパイス控えめなのでより食べやすいかと思います♪

3日(日)の工房販売で登場します〜。ぜひお試しください♪

次回は定番ケーキその②のコーヒーくるみケーキについて。

それではまた〜

Cookie artist 平井理紗

instagram:http://instagram.com/cookieartparty

twitter:https://twitter.com/cookieartparty

facebook:http://www.facebook.com/cookieartparty